目指せ海外セレブ風アイメイク!写真付き実践編

全身コンプレックスからの脱却!印象付けメイクアップでもお知らせした通り今回はアイラインの引き方実践編!写真と一緒に1つずつ説明していきます。

 

アイラインの引き方

まず、アイラインは端だけ!

1

 

アイラインを引くとき真ん中は引かずに目頭側と目尻側だけラインを引きます。真ん中を引くならすごーく細く!極細に!

なぜなら、アイラインが太ければ太いほど二重幅が狭くなって、デカ目効果が弱まってなおかつ自然には見えなくなっていきます

というわけで、アイラインは細く!長く!引くように意識しましょう。

2

 

画像のピンクで丸をつけた部分に、アイラインを細く入れることで、自然に目がクッキリします。これが太く濃く引いてしまうと自然とは程遠くなってしまいます。特に下まぶたに入れるラインはうっすらと一見入ってないように見えるように入れるとグッドです。 最初からそんな目だったかのように見せる!メイクをメイクとして見せないのもテクニックです。

3

 

目幅が長く見えるように目尻側は長めに。実際はピンクの線くらいまでですがはみ出るようにオーバーラインします。私みたいに少し目が寄っている人は特に長めに引くとグッドです。

ただし、長すぎは禁物。目を閉じた状態で自然になるように、自分の目の形にそって浮かないようにラインを引きましょう。自然な流れるようなラインが引けると目が仰々しくなくデカ目に見えます。

4

 

目尻を横から見てみると、だいたいこんな感じです。

ピンクで囲った部分が跳ね上がっているのが分かりますか?これが結構重要。長めのまつげのように見える効果もあります。自分の目の形に沿ったアイラインを引くことでメイクした感が薄まります。まつげもルミガンを使ってると自然でキレイなまつ毛が生えます。アイラインは写真のように少しハネてネコっぽくしたり、逆に下げて最近ハヤリのタレ目風にしたりもOK。ここを変えるだけで目の印象がかなり変わります。

締め色のアイシャドウを、アイラインと同じくらいまで入れると自然と目が横に広く見えます。

ハイライトの入れ方

ハイライトは2箇所!

1カ所目はアイホールの真ん中。

5

 

指でもブラシでもOK。ピンクの丸がついてる位置に縦にハイライトを入れると、艷と立体感が出ます。

6

 

次はお馴染み、目頭に。

目頭にハイライトを入れると、白目がキレイに、大きく見せる効果があります。目に生気がない!なんて言われた私でも、ここにハイライトを入れるだけで目がうるっとして輝き出します!ヤル気があるようにも見えるからOLにもいいかも!

というわけで自然なキレイ目の出来上がり!アイメイク方法は以上です。

 

これからもちょくちょくメイクのやりかた、化粧品の使い方について更新していこうと思います!今後の為にもよろしければ下のボタンからこの記事シェアしてください♪

全身コンプレックスからの脱却!印象付けメイクアップ

印象って、顔の中でも目がかなり大事な部分ですよね。

目が大きいだけで、表情も全部可愛く見えたり華やかに見えたりします…。

大きいだけじゃなくて、どんな目の形かでも変わってきますけど、それでもやはり目が大きい方が印象的ですよね。私もやっぱり、そういう人の方が+の意味で記憶に残ってる人が多いです。

そんなわけで、多くの女性もやっぱり目に力を入れて、大きく見えるようアイメイクに一番時間を使ったり工夫してる人が多いんじゃないでしょうか?

もちろん私もそのうちの一人です。私は自分に自信もなくて、顔だけじゃなくて、全身全てがコンプレックスで悩んだこともありましたが、どうせ全部だめでも一番大事なところからちょっとづつ変えれるように頑張って盛ってみたらどうなるだろうと思い、目元を研究しだしました。

私の特徴を活かす!それが私の場合は目

というのも、私は日暮里駅前で「ちょっと、外国人登録書を見せて下さい」とただ歩いてただけのときに警察に止められた事もあるほど日本人ぽくない顔立ちで、中でも目がパッチリ二重で人にもよく目が特徴的だよねと言われていました。そんなわけでアイメイクには人一倍研究を重ねてきました。それでわかったことなんですけど、どうも私のように二重の幅が広いと、メイクでかなり印象が変わるようなんです。

次回は、私が今までに工夫した中でも特に、目が大きく!自然に!可愛く!見えるアイメイク方法のコツみたいなものをご紹介させてもらおうと思います。

追記!目指せ海外セレブ風アイメイク!写真付き実践編更新しました。

アイメイクのポイントが分かる!目の綺麗な外国人女性に見る4つのポイント

目が特徴的だったり、印象が強いキレイな目をした人っていますよね。

今回は私が独断で選ぶ「目のキレイな外国人女性」を紹介します。

キーラ・ナイトレイ

キーラ・ナイトレイ ルミガン

キーラ・ナイトレイは、シャネルのモデルとしても有名ですが、実はそれに至った理由が、「目以外は全部ヒドイけど、目だけは完璧に美しい!」と言われて選ばれたようなんです。悲しいような嬉しいような…。

でも完璧!と言われるほどキーラ・ナイトレイの目は世界基準で美しいと言われてるようです。

アンジョリーナ・ジョリー

アンジョリーナ・ジョリー ルミガン

トゥームレイダーやMr.&Mrs.スミス、17歳のカルテなどで見てからは大ファンです。アンジョリーナ・ジョリーはきりっとした目とメイクが印象的なんですけど、意外とスッピンに近いときは可愛らしい顔してるんです!

シュッとした顔立ちといいとても憧れです。余談ですけどアンジーは左利きらしいですよ。

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン ルミガン

こちらは私が一番「目がキレイ」だと思う女性です。キーラ・ナイトレイと同じような系統だけど、ナタリー・ポートマンの方が少し目が吊り気味でネコのような色気があります。キリッとしてるからクールで芯のある女性らしさも感じます!

こんな目でじっと見つめられたら…私はきっと恋してしまいます。(笑)

私は、この3人と比べると、目だけ見ても悲しくなるくらい残念なんですけど、少しでも近づきたい!と思い色々研究してみました。そして、気付いた点がいくつかあります。

上の3人に限らずですが、私が「目が綺麗/印象的」だと思う人に共通してるのは

  • 目の作りがしっかりしている
  • アイホールや目頭に艶がある
  • 目の横長(細めというわけではない)
  • まつげが長いor濃い

この4点です。今回つけま、マスカラ、ビューラー、などは扱いませんのでまつげを除いた3点に注目します。ちなみに私はルミガンを使ってたらつけまいらずのキレイな長いまつげ生えてきました。というわけで、上の3点を取り入れたメイクをしたらどうなるのか、次は実際にアイメイクをしていってみましょう。

時間のない朝でも簡単!3ステップで”瞬間デカ目アイメイク”

朝おもわず寝坊してしまった時、ノーメイクなのに突然人と会うことになった時、スッピンなのに化粧する時間もない!なんて時にも一瞬でデカ目を作れるアイメイク方法があります♪

忙しい時に目だけでもメイクしていると印象は全く変わります。特にケバい濃いメイクに見せずあくまでナチュラル!男性にはナチュラルメイクが好きな人も多いので、時間のない時だけでなく普段のアイメイクにも応用できるので試してみてください。

これが簡単アイメイクの仕方3ステップです♪

 

1.ペンシルアイライナーを引きぼかす

1.ペンシルアイライナーを引きぼかす

茶色のペンシルアイライナーで上まぶたの縁にラインを引き、ぼかします。綿棒でなぞるように広げていくと綺麗にぼけます。だいたい2往復ほどでOK。

 

2.リキッドアイライナーは黒目の上だけ!

2.リキッドアイライナーは黒目の上だけ!

黒目を強調するように、線を引くのは黒目の上だけ!まつげの隙間を埋めるように塗ります。下まつげも同じように黒目の下だけ引くと、よりデカ目効果がありますが、濃くならないように注意!

 

3.同じくマスカラも黒目の上だけ2度塗り

3.同じくマスカラも黒目の上だけ2度塗り

マスカラも黒目の上だけ濃くなるように、まずは上まつげ全体を塗って、中央黒目の上だけ2度塗りします。全体を塗る時、最初に中央から塗っておくとマスカラが先に乾いて待ち時間なしでメイクできます♪

 

ナチュラルアイメイクのポイント

ナチュラルアイメイクで役立つ、いくつかのポイントを解説します♪

 

マスカラは根本からしっかり

まつげの根本からしっかりマスカラをつけることでパッチリ度アップ!さらに、目尻側へ流れるように斜め上へ向かって作ると大人っぽさがグッと出ます。

 

下まぶたは眉用ペンシルでナチュラルに

下まぶたの目尻側から1/3ほど、目とまつ毛の生え際の間にラインをひいてぼかします。眉用ペンシルを使うことで柔らかくてナチュラルさアップ!しかも落ちにくい効果も♪

 

明るいアイシャドウでふっくら涙袋

明るいパール系のアイシャドウを下まぶたに入れると、目元が明るく、涙袋もふっくらして見えます♪目頭をしっかり明るくすると白目がキレイに見えます。

 

マスカラ・ビューラーなしでもボリュームまつげ

しっかり長くてキレイな自まつげがあれば、マスカラやビューラーに頼らなくてもスッピンでもキレイなものです。「でも、まつげが短いし…」って方はまつげ美容液のルミガンがおすすめ♪3ヶ月も使ってれば、つけまなしでもびっくりするくらいの自まつげが生えてきます。

 

以上、忙しい朝や時間のないときでも出来る簡単デカ目アイメイク+ナチュラルメイクのポイントでした♪濃い化粧ができないときなども使えるので、ぜひ試してみてください。

次回はヴァイオリニストの神尾真由子さんのようなキリっとした目元がクールなメイクの仕方を紹介しようと思います。

ローラやトリンドル、木下優樹菜になれるハーフメイク!

ローラやトリンドル、木下優樹菜になれるハーフメイク!

今、ハーフ顔のタレントさんやモデルさんってとっても人気ですよね。

ローラ、岸本セシル、ダレノガレ明美、トリンドル玲奈、スザンヌ、長谷川潤、黒木メイサ、マリエ、木下優樹菜などなど、本物のハーフやクォーターも多いけど、そうじゃなくてもハーフ顔になれるメイクやアイテムが凄く人気です!

そこで今回紹介するのはハーフメイク

ハーフメイクでなる外国人顔に大事なのは目元。今回はとっておきのアイメイク方法を教えちゃいます。とっても簡単なのでぜひ試してみてください♪

まず、ハーフメイクのポイントは『立体感』です。ではハーフ顔メイクの仕方を見てみましょう。

 

1.眉毛と目の間を狭くする!

眉下に毛を描く

まず、眉頭~黒目の真上あたりまでの眉下を描きます。

次に眉尻側から眉頭へ毛を一本ずつ描くようにブラシでメイク。本来のまゆげより2-3mm下がるくらいを目指しましょう。

目と眉毛の間をぐぐっと近づけることで彫りが深く見えます。さらに、眉毛はなるべく目と平行になるような角度で書くとよりGOOD!

 

2.眉下から鼻筋にシャドウ!

アイシャドウ-アイメイク

更に彫りが深く見えるように眉下から鼻筋に沿うようにノーズシャドウを入れます。

彫りを深くし、立体感を出すことで顔のメリハリが付き小顔効果もあります。

 

3.Tゾーンと目頭を明るくハイライト!

Tゾーンのハイライトで陰影

シャドウとは逆に、Tゾーンへハイライトを入れることにより、より陰影が付きます。シャンパンゴールド系のハイライトを選びブラシで柔らかくのせていくと馴染みやすいです。

 

4.目頭はインサイド、目尻はアウトサイドでS字ライン!

S字ライン-アイメイク

黒のペンシルライナーを使って下まぶたにメイクしていきます。このとき大事なのは、顔の内側はインサイド、外側はアウトサイドにラインを引くこと。「~」となるようにS字を作りましょう。するとちょっとしたタレ目が作れます。

 

5.目尻側のまぶたは斜め上から下に!影で彫りを深く!

アイホールは上から斜めしたへ

外まぶたに影をつけると立体感UP!

 

6.目尻側のまぶたは斜め上から下に!影で彫りを深く!

ポイント説明-アイメイク

◆A
黒のペンシルアイライナーで、目頭側はインサイドに、目尻側はアウトサイドに「S字ライン」ラインを引く
◆B
黒のリキッドアイライナーを、上まぶたのキワと、目頭の「く」の字部分に引く
◆C
上まぶたのキワのCの部分に、濃いグレーのシャドウをのせる。
◆D
黒目の上と、下まぶたの目頭側のキワに、ハイライトを広げる。
◆E
中間色のグレーシャドウを、上まぶたの目尻側1/3と、下まぶたの目尻側のキワにのせる。上まぶたのシャドウは、矢印のように上から下にのばす。

 

7.密集度の高いまつげでぱっちり目

ルミガンでまつげぱっちり

ビューラーでしっかりあげる、つけまつげを使うなどで上まつげはしっかりハネあげましょう。したまつげはマスカラなどでロングまつげになるようにメイク。ルミガンでまつげを調えておくと、よりキレイな目元に仕上げれます♪

 

8.目はハリキリメイクした分、口元は控えめに引き算メイク

ピンクベージュ系リップ

ピンクベージュ系を使って、色味と柔らかな質感を同時に演出!顔全体でメイクの強弱をつけるように意識しましょう。

 

9.最後にダメ押しカラコンで完璧ハーフメイク!

カラコンでハーフ顔!

最近はやりのカラコン!もうカラコンなしじゃ居られないなんて人も増えましたよね。しかし、それだけカラコンが強力なメイクアップアイテムだということは間違いなし!

カラコンの色を変えるだけでも、顔全体のイメージも変わるから色んな色を試してみてください♪

以上、ハーフ顔メイクの方法でした。いかがでしたか?ぜひ今日からチャレンジしてみてください♪

記事中に紹介したルミガンについては、こちらをご覧ください。

くまと勘違いしてない?目元の黒ずみ・色素沈着を防ぐ

色素沈着の原因となるいくつかの生活習慣などのパターンを紹介します。これらのことに気をつけておかないと、将来、顔がシミや黒ずみだらけになっちゃうかも!?

化粧の落とし残し

化粧を落とさず放置していることありませんか?化粧を長時間したままというのは、それだけ沈着していく時間も長いということです。

さらに、「しっかり落としてる!」という人も注意!化粧の落とし残しがあると、化粧品に含まれる金属成分や色素が徐々に蓄積されていきます。その結果、最終的には色素沈着として染みになります。

特に要注意なのは、パールやラメなど。これらは金属成分を多く含むため、落とすときはしっかり落としましょう。

 

まぶたをこする

目が痒い、気になる、眠いなどなど、まぶたを触っていることって以外と多いんです。でもそれが過ぎちゃうと…

まぶたをよく触る人は色素沈着の原因になります。

まぶたは体の中でも特に皮膚が薄く、卵の薄皮程度の厚さしかありません。そんな部分をゴシゴシこすると色素細胞が破壊され、メラニン色素をどんどん増やす結果になります。

メイク落としや、洗顔の時も要注意!こする時に必要以上にゴシゴシしていると肌を痛める原因となります。

対策としては目元のメイク専用クレンジングなどもありますので、肌に優しくおすすめです。

 

力強い目元のケア

上記のこすると同様の内容ですが、これらは普段の動作やアイメイク時、メイク落とし時など日中の中でも結構な時間と割合を閉めています。その時の力の入れ具合を気をつけましょう。

色素細胞を刺激しすぎないように、優しく肌の汚れを落とすようにイメージしながら扱いましょう。色素沈着などを防ぐため、綺麗になるためのメイクが原因で反対の結果を招くようなことにならないようにしっかり、気をつけましょう。

 

次回は上記の気をつける点に加えて、黒ずみや色素沈着を改善する治療・予防について説明します。