ルミガンは危険!?

いいえ、大丈夫です。
アメリカ食品医薬品局(FDA)にも認可されているルミガンの症状と対処法を教えます。

副作用

ルミガンの副作用として報告されているものに「かゆみ」、「目が乾燥する」、「まぶたの黒ずみ」、「違和感」、「充血」などがあります。

副作用を感じた人は全体の3.8%という調査結果が出ており、ルミガンはアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された医薬品として、その安全性と効果が認められています。

500x500

副作用を防ぐために

ルミガンの副作用である「かゆみ」、「目が乾燥する」、「まぶたの黒ずみ」、「違和感」、「充血」を、より発症率を下げるために以下の点に注意してみてください。

なるべく皮膚に触れないようにする

ルミガンはもともと緑内障の治療に使われていた為、目に入っても問題ありませんが、極力目に入らないように皮膚にも触れないように使うことで、かゆみや黒ずみなどを抑えることもできます。

メイクやあぶら汚れを落としてから塗る

不純物が混ざっていると衛生上の問題や、目に入る可能性による危険などもありますので、塗布前にはメイクやあぶらは落としてください。

塗り過ぎないように

塗りすぎるとまぶたの黒ずみの原因などに繋がります。多く塗ると効果が早く出るということはありません。ルミガンは医薬品なので適量を守るようにして下さい。

塗るのは上まつげの付け根だけ

上まつげの付け根につければ、下まつげまで自然と浸透しますので塗布するのは上まつげだけにしてください。

塗布して15分は目やまぶたに触れない

ルミガンを塗布して乾燥するまでがおよそ15分ほどです。その間は目やまぶたに触れないようにして下さい。アイシャドウやマスカラ、コンタクトレンズの装着なども塗布して15分以上経過してからにしてください。

 

特に、目のかゆみや充血は使用法に問題がある場合が多いようです。以上の注意点を気をつけて使用すれば、副作用を最小限に抑えれるでしょう。

500x500

送料無料のルミガン通販はこちら

ルミガンで化粧時間短縮